株式会社スマートライフ 大阪北浜

new Smart Life
A comfortable lifestyle suggested
by Smart Life

We are a company focusing on the spread of smart house
that efficiently manages and uses energy generated by photovoltaic power etc.
by utilizing IT technology and ZEH aiming
at self-sufficiency and zero consumption of energy.
In this era, as IoT is progressing, our lives are changing more comfortable.
At the same time, however, there is a growing awareness of the global environment
and the consciousness of natural energy in the event of a disaster.
We propose comfortable and safe housing equipments
to live with natural energy and
realize our customers' smart life as our mission.

SCROLL

スマートライフ(快適で安全な暮らし)をご提供する

私たちは太陽光発電などで作り出したエネルギーをIT技術を活用して
効率的に管理・利用するスマートハウス、
そしてエネルギーを自給自足・消費ゼロを目指すZEHの普及に力を入れています。
また、長年住まわれていく中で生じる住宅の劣化を、火災保険適用により
ご負担なく修繕するためのお手伝いも同時に行っています。

時代はIoT化が進む中、私たちの暮らしはより快適なものへ変化していっています。
ただそれと同時に地球環境に対する意識の変化、
また災害時における自然エネルギーに対しての意識も高まっています。
自然エネルギーと共に生きる、快適で安全な住宅設備をご提案し、
お客様のスマートライフを実現する事が我々のミッションとして取り組んでおります。

Service Line

About Smart house/ZEH

スマートハウスとは、太陽光発電(ソーラーパネル)や燃料電池などで作り出したエネルギーをIT技術(HEMS等)を活用して効率よく管理・消費する次世代型の省エネ特化住宅です。発電から消費までを賢くコントロールするのがスマートハウス。それに対してZEHとは「年間の消費エネルギーを自宅で全てまかなう」事を目的に、再生可能エネルギーを導入する政府推進の究極の省エネ住宅です。その為補助金なども充実していますが、エネルギー消費ゼロにする為には、それなりの設備・立地などの条件が必要になります。現在、(光熱費削減という意味でも)省エネ住宅であるという事、かつ緊急時・災害時にもエネルギーを生成しご家族を守る”備え”として多くの住宅で導入されており、どちらもスタンダードな選択になってきています。

Flow

サービスご説明

ご説明

より詳しいご説明の為サービススタッフがご訪問致します。
現在のご状況や住宅の状態や立地などにより大きく変わる可能性もございますので、メリットのあるプランを提案させていただきます。

導入シミュレーション/費用対効果のご確認

お見積り

サービスプラン導入後、将来のご費用がどう変化するか?と具体的にシミュレーション致します。
このタイミングでメリットが生まれない場合は、私たちからオススメする事は絶対にいたしません。

ご契約

ご契約

正式にご契約となりましたら、日程調整はもちろん、保険申請や補助金申請~低金利ローン借換えのご相談など多方面にお手伝い致します。
また定期的なメンテナンス・アフターケアもより多くのお客様から信頼される、私たちの強みのひとつです。

全てのお客様に「メリット」だけでなく「デメリット」もご説明しますので、
まずは専門家に詳しく聞きたいというお客様も大歓迎です。
お気軽にご相談ください。

お問い合せ

Company

名称
株式会社スマートライフ
代表者
森 武
設立
平成30年11月9日
本社所在地
大阪市中央区道修町1丁目7-10 アドバンス北浜401号
代表番号
06-4963-2842
関連会社
ネクストビュー株式会社外部リンク

Contact

以下のフォームに必要事項を入力し、「内容確認へ」ボタンを押してください。
お電話でのお問い合せも受け付けております。
TEL:06-4963-2842

必須

必須

必須

必須